読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史から学ぶ大和魂

歴史を紐解き、日本人の大和魂が垣間見えるエピソードをご紹介いたします。

アメリカインディアンと日本人の共通性

f:id:yamato81:20151013145647j:plain

1986年、アメリカ・フロリダ州の湿原でミイラ化したヒトの脳組織が発掘されました。
このミイラは年代測定の結果約7,000年前のものと判明し、従ってこの脳組織はアメリカインディアンの祖先のものとされたのです。カリフォルニア大学のスバンテ・ベーボとアラン・ウィルソンらは、この脳組織からまず、微量のmtDNAの抽出に成功しました。つぎに当時最新の画期的なDNA増幅技術・PCR法を使って、mtDNAの一部を増幅し塩基配列(DNA文字配列)の決定にも成功したのであります。
その結果は、大部分の現代人では“GGGCCC”という文字列になっている塩基配列が、このミイラは“GGACCC”となっていたのです。S・ベーボやA・ウィルソンらは、まず現代インディアンのなかにGGACCCの塩基配列を持つ人がいないかを調べたが、見出せなかったのです。ところが宝来がこれまで調べた日本人の中の5人が、ミイラと同じGGACCCという配列であることが明らかとなったのであります。このような変異型のDNA配列を持つミイラと現代日本人の一部が一致するというようなことは、偶然では起こり得ないのです。従って、現代日本人と7,000年前に生きていた北米のインディアンが、遺伝子のレベルで共通の基盤を持っていたことがわかったのであります。これは、はるか昔、アメリカインディアンの祖先が北アジアからベーリング陸橋を渡って北米大陸に移住したのです。したがってアメリカインディアンは日本人や韓国人、中国人などと同じアジアに起源する民族集団であるという常識を、図らずも証明するという極めて興味深い結果となりました。