読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史から学ぶ大和魂

歴史を紐解き、日本人の大和魂が垣間見えるエピソードをご紹介いたします。

入江九一と禁門の変(蛤御門の変)

f:id:yamato81:20150703194845j:plain

入江九一(いりえ くいち)は長州藩足軽・入江嘉伝次の子供として、1837年、長州で生まれました。家が貧しかったため、13歳で働いて家計を支えながら学問に励んだと言われております。1854年に父が亡くなると、自分1人で家計を支える事となった為、入塾が遅れたとされています。1858年、弟・野村靖と共に吉田松陰松下村塾に入門して学ぶと頭角を現し、吉田松陰の思想から大きな影響を受けたが、師から教えを受けたのは1ヶ月余りに過ぎません。吉田松陰からは、その才覚を高く評価されて、久坂玄瑞高杉晋作吉田稔麿と並んで松門四天王の1人に数えらました。1858年、師匠の吉田松陰江戸幕府日米修好通商条約締結に激怒し、倒幕を表明。そして、長州藩に老中・間部詮勝の暗殺を計画いたします。この時、高杉晋作久坂玄瑞吉田稔麿らは猛反対したが、入江九一、入江和作(野村靖)兄弟だけは過激化する吉田松陰を最後まで慕い、賛成すると血判状に書名して加担しました。 吉田松陰は「久坂君たちは優秀だが、度胸が無い。しかし君だけは国のために死ねる男児である」との見聞が見られます。吉田松陰井伊直弼による安政の大獄で処刑されても、入江九一は遺志を継いで、間部詮勝を暗殺しようと計画します。また、獄中の吉田松陰からの伏見要駕策の指示を受けて、参勤の途に上る長州藩主の行列を伏見で止め、洛内に誘引して朝廷に「攘夷」を誓わせようと試みたのでありました。この無謀な策には久坂玄瑞高杉晋作ら殆どの門下生が反対したが、入江九一、和作の兄弟だけは師の考えに賛同。しかし、江戸幕府に察知されて、弟と共に岩倉獄に投獄されてしまいます。入江九一は牢内で本の筆耕などをして、母の困窮を軽くしようと努力をしたと伝えられます。吉田松陰が処刑された半年後で、1860年閏3月に入江九一、入江和作(野村靖)の兄弟が釈放されると長州藩に復帰し、吉田松陰の教えを受けたということで足軽から武士の身分に昇進し、京都で尊皇攘夷のための活動を行いました。また、高杉晋作奇兵隊創設にも協力し、奇兵隊の参謀となります。この頃、妹・入江すみ子が、伊藤博文と結婚している。外国船砲撃の戦いの際には、馬関総奉行として指揮しました。1864年、禁門の変では久坂玄瑞らと協力して天王山に布陣。奮戦したが、会津藩薩摩藩の前に敗れて久坂玄瑞は自刃しました。入江九一は何とか脱出しようと図ったが、敵の槍を受けて目を負傷。その場で切腹して果てたのです。(享年28)靖国神社に護国の英霊として祀られました。