読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史から学ぶ大和魂

歴史を紐解き、日本人の大和魂が垣間見えるエピソードをご紹介いたします。

ミトコンドリアDNAからみる日本人の起源

f:id:yamato81:20151020134009g:plain

遺伝子研究のパイオニア、ジェネシスヘルスケアによると、母親からのみ遺伝するDNAである「ミトコンドリアDNA」を検査して母方の家系を辿ると、「ミトコンドリア・イブ」と呼ばれる「ある一人の女性」に辿り着くといいます。そのたった一人の女性が果たして、聖書に登場する「イブ」であるかどうかは不明ですが、人類はこの女性の家系から「ミトコンドリアDNA」の突然変異を繰り返し、派生してきたのだそうです。そして、現代の世界の人々はおよそ35人の母親の子孫であることがわかっており、日本人においてはその95%が、たった「9人の母親」の子孫であるというから驚きです。その「母親」たちに由来するグループを「ハプログループ」と呼ぶそうなのだが、なんと、ジェネシスヘルスケアでは自身がどの「ハプログループ」に属するかを調べる祖先遺伝子検査を行っています。日本人の「ハプログループ」で最も多いのは「東アジア最大集団」で日本人の35%がここに属するといいます。次に多いのが「太平洋を渡った日本最初の移住民」(約10~20%)と、「幻の陸地スンダランドの末裔?」(15%)だそうです。スンダランドとは、氷河期にタイ中央部に存在し、水没してしまった陸地であります。